母の日のプレゼントは何を贈るか迷いませんか?とっておきの日のプレゼントに人気、評判の贈り物をを紹介します。

母の日とは

>>> 【母の日特集】選べるお花とスイーツセット icon
>>> 【母の日特集】お取り寄せスイーツグルメ人気商品 icon
>>> 【母の日ギフト特集】選べる!迷える100アイテム~スイーツセット・フラワーケーキ他
スポンサードリンク

日本のカーネーションはこうして花文化に入れられた

日本のカーネーションはこうして花文化に入れられた後、新しい品種や優良品種が栽培農家の努力と熱意によって大変多く導入されました。

昭和47年には、栽培面積5アール以上の品種はわずかに8品種しかありませんでしたが、10年後の昭和57年には37品種へと大幅に増えていきました。このように、施設・設備の近代化が進められた結果、生産性も大きく高まっていきました。

カーネーション栽培農家は昭和60年代に入ると、苗供給会社をつうじて、諸外国産の優良品種をオランダをはじめとして導入するようになり、その栽培もどんどんと増えていくようになりました。

昭和59年には「一色町カーネーション種苗生産組合」(メリクロンセンター)が設立されました。この方法では無菌苗を大量に生産するために、茎頂点培養と呼ばれるバイオテクノロジーを導入した優良品種の育種が試験されました。

こうして、愛知県"一色町"ではカーネーションの生産額が日本一となり、そこの栽培農家では、外国の優良品種を積極的に導入するようになりました。このように一色町では、栽培農家自らが優良品種の育種を試みたのでした。

このように現在もなおカーネーションは進化を続けているのです。

ここで、カーネーションの手入れの仕方について簡単にご解説しておきましょう。鉢植えは、日当たりのよい場所に置いて、土表面が乾いたら水をやるようにしてください。

切花の場合には、もともと水あげ、花もちともによいのでとくに問題はないでしょう。

空気の乾燥が原因で室内の窓辺などでは、ときどきハダニが付くケースもあります。防除を心がけてください。また、高温と湿気に弱いので、風通しがよく雨に当たらない所を選んで育ててください。

生育期間中は液体肥料を使用してください。肥料は春から秋にかけて、2ヶ月に1回ぐらいのペースが適当です。つぼみが多くつきすぎた場合には、ひとつひとつに栄養が行き渡らなくなってしまう恐れがあります。他のつぼみを間引いてやりながら、大きな花を数輪だけを残してやることがウマく咲かせるコツといえます。

以上の手入れの仕方で、たくさんの美しいカーネーションを咲かせていただくことをお祈りします。

母の日ギフト~贈りたい!がきっとある。Webgift.jp



母の日の花 カーネーションの由来とは

カーネーションの花言葉は、赤は「愛を信じる」、ピンクは「熱愛する」、白は「私の愛は生きている」などで、母性愛をあらわしています。まさに大切な母親に贈る花として最適ですね。

聖母マリアが十字架にかけられたキリストを見送った際に落とした涙のあとに生じた花がカーネーションであるという言い伝えもあります。ギリシャ神話にもカーネーションは美しい娘の生まれ変わりとしての花で登場しています。

カーネーションが生まれたのは旧ソ連のコーカサス地方ですが、古くはギリシャ時代からすでに栽培が始まっていたといわれています。古くからカーネーションは芸術、文芸作品を通して人々に愛されてきました。中世においても、しばしば詩や小説の中で、あるいは絵画や彫刻に、その美しさが表現されて取り入れられています。

その名前の由来にはいろんな説があります。

例えば、シェークスピアの時代には花冠として使われたことから"冠"(Coronation)からきた説などや、ラテン語の"肉色"(Incarnation) という、原種の色からきた説などが主に言われています。

また20世紀のアメリカでは、温室カーネーションが栽培されるようになりました。その後カーネーションは、ヨーロッパを中心に盛んに栽培され始めました。19世紀において、フランスの園芸家により現在のカーネーションが生まれたと言われています。

また徳川時代には、こうして誕生したカーネーションが日本へも入ってきました。

カーネーションの美しさと、ふくいくとした甘い香りより、ジャコウナデシコの和名もありました。また当時オランダ船によってもたらされたので、オランダナデシコ、オランダセキチクという愛称で親しまれていました。

こうして明治35年、日本初のカーネーションが東京の新宿御苑で栽培れました。このようにカーネーションは、遠く海を越えてやってきて、長い歴史に育まれてきたのでした。

母の日のフラワーギフト


母の日はいつ頃始まったのでしょうか?

母の日はいつ頃始まったのか皆さんご存知でしょうか?きっと知らないという方が多いでしょうね。

1900年代初期のアメリカでヴァージニア州が起源だと言われてますが、実はそれぞれの国でその起源や日にちなどが違うというのが実情です。

1905年にアンナ・ジャービスという女性の母親が亡くなってしまいました。
アンナ・ジャービスは、母を偲ぶ気持ちより、フィラデルフィアの教会で1908年にカーネーションを配るようになりました。

アメリカではこの風習が国中にどんどん広まり、1914年に当時の大統領ウィルソンが「5月の第2日曜日」を「母の日」として制定したのでした。

日本では、昭和の時代に香淳皇后の誕生日である3月6日に行われていましたが、
1949年ごろからアメリカの例に従って5月の第2日曜が「母の日」として実施されるようになりました。

ところで5月5日はこどもの日ですが、この日には、母の日とも言える事情があります♪それは
「こどもの幸福をはかるとともに、こどもの人格を重んじて、母に感謝する日」
という意味もあるからです。

母の日にはなぜカーネーションが贈られるのかというと、いろいろな有名な話がたくさんありますのでご紹介しましょう。


◆カーネーションの花言葉

カーネーション「赤」  ; 母の愛情
カーネーション「白」  ; 私の愛情は生きています
カーネーション「ピンク」: あなたを熱愛する


ということで、カーネーションは母の日にピッタリの花なんですね。
このようにカーネーションは「定番の花」として母の日に贈るのもうなずけるというものですね。

◆カーネーションは聖母マリアの涙がこぼれた場所に咲いた花

カーネーションは十字架にかけられたキリストを見届けた聖母マリアが涙を流した場所に咲いた花だと言われています。この理由から「母の日」にふさわしいということで毎年贈られています。

母の日贈り物選びはウェブギフトへ~贈りたい!がきっとある



>>> 【母の日特集】選べるお花とスイーツセット icon
>>> 【母の日特集】お取り寄せスイーツグルメ人気商品 icon
>>> 【母の日ギフト特集】選べる!迷える100アイテム~スイーツセット・フラワーケーキ他
スポンサードリンク

Page: 1

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0